走り出したら止まらないぜ

ただの日記です、ベイベー

りす

ニイタカヤマでりす。
ハニー(嫁)のクルマが新しくなったので毎回休みはドライブです。明治村に行こうと出発したのに何故か金華山に行きました。


金華山(きんかざん)、ご存知でしょうか。岐阜市を象徴する山です。鵜飼で有名な長良川のほとりにあります。

標高はたったの329メートルですが中々に険しい山(僕的に)で裾野にある岐阜公園からロープウェイが伸びています。
このロープウェイに乗ろうというのが今回の目的でした。
先週瀬戸に行った時迂闊に展望台になど登ったせいでいまだに腰が痛いのです。なのでハニーにもう山はやめようと言ったのですが、ロープウェイあるからとの甘い誘惑に負けたのです。


山裾に広がる岐阜公園、
ここにロープウェイの駅があります。

山頂にはかつて織田信長の居城だった岐阜城の天守がそびえております。ただし復興天守です。あくまでイメージですというやつです。コンクリ製ですがきらびやかで美しいです。
展望レストランもあります。
そしてリス村まであります。

ロープウェイ降りてすぐにリス村です。
200円でおがくずみたいな餌を手で2回あげる事ができます。餌を乗せる方の手は貸してくれる厚い手袋をします。
ざっと50平米ほどの中に入るとリスだらけです。タイワンリスです。餌を持っていると分かるとぴょんぴょん寄ってきます。腕に飛び乗ってきてエサを食べまくります。

ふと横を見ると地面に後ろ足で立ち上がって切なそうに手をぶんぶんしているリスがいたのです。ああこいつもエサが欲しいのかなと思って
「エサが欲しいの?」
って聞いてみたのですがヒトの言葉は流石に通じない。やはりここはリス語じゃないと、と思ったのだけれどリス語は知らないのです。
ええい、ままよ、と、
りす?りすりすりすす?
と聞いてみたらリスの動きが止まってしばらく僕を見つめた後コクコクと頷きながら
りすっ!りすりすっ!
と、応えるではありませんか。

僕は嬉しくなって
りっすりすりす、りすりすりー
って話しかけてみたら
りりりりりすりすりすりす…
りすすっ!
りりー?
りっすっすぅっ!
りすっりすっりすっ
(あ、笑ってます)

しかしどんな出会いにも別れはつきもの、最後は二人で歌を歌って別れたのです。聞いて下さい。
りっりっりっりっりっりっり、りっりっりっりっあまりりす

アマリリスです。



嘘つけっ!

さ、ロープウェイ料金は片道620円、往復だとなんと160円もお得な1080円!
15分毎出ておりますっ!
駐車場は300円です。
今日も画像はごさいませんっ。

さぁみんなも金華山リス村へ、レッツゴーゴー