走り出したら止まらないぜ

ただの日記です、ベイベー

夏の終わりに

職場が変わるので昨日一昨日と連休にしました。
せっかくの連休だったのですが急な事だったので昨日はハニー(嫁)はパート、下の娘はバイト、上の娘は友達との約束があって家に一人になりました。


ずっとついていたエアコンを消して、窓を開け晩夏の風を室内に入れてぼーっとタバコを吸っていました。

近所のお母さんがなんだか叱る声がきこえます。誰かが飼ってるカナリアのさえずりもきこえます。
昼近くになったので近くのコンビニに昼飯を買いに行ってビール飲みながら食べます。


僕はテレビを基本見ないので誰もいない家は静かに時が流れます。
久しぶりです。
いつも誰かが何かしらしていて、騒がしく娘たちがおしゃべりしたりネコが走ったり。
本来騒がしいのが嫌いなのでうんざりしていた時もあったけれど、静かに一人でビール飲んで昼飯を食べていると、ああ、騒がしいのは幸せなんだなとか思ったりもするのです。

この年になっていつも家に誰かがいてなんか騒々しいっていうのは、ある意味贅沢な事なのだなぁって気づいた、そんな午後でした。


まだまだ暑いけれど、また夏は緩やかに終わっていくのですね。




何かのお題みたいだけど、違います。