走り出したら止まらないぜ

ただの日記です、ベイベー

コスメでGo!

上の娘に口紅あっかいなーって言ったら口紅ってほぼ死語ぷっ、って冷たく笑われたニイタカヤマです。

さ、なんだかコスメレビューを面白楽しくされているブログ様がいくつかあったので僕もやります。

とはいえ流石に女性用の化粧品のレビューなどできない。使った事ないですから。あ、使う予定もないです。たぶん。今使ってるコスメ的なものというと牛乳石鹸だけです。青箱です。丸刈りなので頭もこれで洗ってます。
あと歯磨き粉。
クリニカです。


もはやコスメカテゴリーじゃないなっ!


そんな昭和な僕でも学生時代はなにがしか使っていました。
コロンとアフターシェーブローションです。ほのかなシトラスの甘い香りポーチュガル4711です。
一世を風靡した雑誌ポパイで知って心斎橋のソニプラに速攻買いに行きました。比較的流行り物に弱かったのです。しかし肌が強い事もありまた飽き性なのもあってひと瓶使い切らずに埃をかぶるのです。

ポーチュガルの前はアレでした。資生堂のアレ。えー、アレです。
俺んとこ来ないか?
です。
ほら、アフゥーッっていうやつ。


捨て猫みたいな俺達に 帰る場所なんてもう何処にも無かった
エンジェルッ!
って。

最初ね、ステテコみたいな俺たちってどんなだろうって不思議でした(笑)
はははは…
……


さっさとやらんかいっ!

わかりました。えー、
さみしがり屋達の伝説さー
ワンナイカーニバー
ファンファン

からの、
風に香るタクティクスが俺の胸を締めつける
エンジェルッ



あ、タクティクスでした。


長っ!

ところで皆さん、タクティクスと言えばなんですか?(皆さんの声を聞いてます)え?いいから続きやれ?はいはい、タクティクスといえばホットロードなのです。

映画でなく原作の方ですよ。
和希と春山の、不安定でゆらゆらと崩れそうな青春。切なくなります。
映画公開当時は能年ちゃんで実写化って、何を今更、そして絶対変なアレンジ入って史上稀に見る駄作になるわ、とタカをくくって劇場に見に行ったのです。


見に行ったんかいっ!

これが、良かった…
原作に限りなく忠実に作られてて、もちろん時代的なアレンジはされてたりしますが、気にならない。
何より全く興味が無かった能年玲奈が好きになりました。っていうかコレ見てたら途中からもはや能年玲奈が和希にしか見えなくなってくるんです。
それもそのはず、原作の紡木たくが能年玲奈なら、と20年以上断り続けていたホットロードの実写化にオーケーした、というではないですか。ま、ま、今、能年玲奈、微妙ですけど。

この映画、原作読んだことある人なら見るべきです。逆に映画しか見てないなら原作読むべきです。

…………


しまったー!
コスメレビューするはずが、楽しくホットロードの映画のレビューしてたー!



ま、僕にコスメはムリだ、ということです。


さ、そんなこんなで、
明日も見てくれるかなー
いいともー