走り出したら止まらないぜ

ただの日記です、ベイベー

「サマータイムマシンブルース」夏なので

ニイタカヤマです。
映画見たので感想書きます。
普通に書きます。

実はムロツヨシがナニです。芸風と目がナニなのです。なのに知らずにこんな映画を見てしまいた。


サマータイムマシンブルース 本広克行 監督 / 2005年作品

サマータイムマシン・ブルース [Blu-ray]

サマータイムマシン・ブルース [Blu-ray]

大学のゆるいサークルSF研究会、そこにタイムマシンが現れるのです。
タイムパラドックスものです。
バックトゥザ・フューチャー系です。
バブルへゴー系です。

伏線張りまくって回収しまくる系です。
プロットは超簡単、誰でも書けます。
言い過ぎました。僕には書けません。

だけどもたったひとつ違うのは、ナンセンスなおバカに全振りなのです。
そして日本映画の悪い癖、ラストにほろっとさせるシーンをぶち込んで来る、これがサクッといい味出したりしてるので一層始末に悪いんです。
あ、良い意味で。


で、どうなの?とアバウトに問われると良いんじゃない、ってそう答えてしまう自分が辛い。何故なら僕はムロツヨシがナニだからです。
しかも川岡大二郎、与座嘉秋とでZ3、ズッコケ3人組、ですか。これがムロx3状態です。酷いです。あ、いい意味で。

まぁ、しかし、このZ3をなんというか調子に乗せすぎず、キワキワなところで使ってるのがいいのでしょうか。いい意味で。
この映画はZ3だな、って思ったりする自分が嫌です。何故ならくどいようですが、ムロツヨシがアレなのです。
いい意味で。



何でもかんでもいい意味なんかいっ!
わけわからんわっ!


さ、そんな事より上野樹里、よいです。
スウィングガールズとのだめのあいだです。
まずは可愛い。そして揺れる乙女心が絶妙に表現されていて彼女のラストのシーンの移ろう表情でこの作品は完成していると言えるのです。
なんとなく、さらっと流されそうな役回りですが彼女の演技の素晴らしさは不可欠だったといえます。

瑛太?ま、狂言回しです。ラストんとこも弱い。狂言回しです。
ま、あとはモブです。
……
モブは失礼だろっ!
あ、すいません。だけれども、モブだからどうでもいいというわけではないのです。
大学のサークルのわちゃわちゃ感、おバカ加減、この辺りはこのキャスティングだからこその味がしっかりと出ているんです。


計算され尽くしたのか偶然か、その辺りはわかりませんが、絶妙な悪い間、笑いを誘いそうでそうでもない感じがこの作品の印象を深く頭に刻みつけてくれます。
ぶっちゃけ、むらがあってかつ中途半端な笑い。しかも予測できる伏線。
B級です。
だけど、可愛さピークの上野樹里とキワキワの寸止めの、そして僕のピーなムロツヨシ含むZ3のお陰で、B級名作になっている、そんな作品に仕上がっているんです。


ちんたら楽しくやってるSF研究会の部室に突然現れたタイムマシン。
それでなにをするかというと壊してしまったエアコンのリモコンを過去から奪って来ようと企んで過去に行ったはいいけれどむちゃくちゃ過去をいじってしまう。
途中でタイムパラドックスの危険性に気づき全てを元に戻していこうとするドタバタです。


B級とは言いましたが、近頃の邦画、何をもってAだのBだのと評価するかすでに訳がわからなくなっています。
なんならアニメとアニメ以外という構図にすら見えてしまいます。
そんな中、この作品はラストの仄かな胸キュンでワンランク評価上げたかなって、そんな風に思います。


本来は舞台作品だそうです。
叶うならそちらも見たいとは思いました。が、仕事柄それは中々難しそうです。

とにかく、映画の方はラストまで飽きずに楽しめた作品でした。いい意味で。

おすすめです。




あ、あとムロツヨシさん、ごめんなさい。


以上、あくまで全て個人の感想でした。