走り出したら止まらないぜ

ただの日記です、ベイベー

昔の名前で出ていま…せん

この記事は36秒94で読めます。
違いました。これは小平奈緒の記録でした。


さ、その昔、小林旭の「昔の名前で出ています」という歌がヒットしました。


水商売に身を置く女性、おそらく初めて本気で惚れた男ができたのでしょう。

世知辛い夜の世界で生きる彼女、唯一そのひとだけが心の拠り所。

辛い時、悲しい時、そのひとに会うことで心の憂さを晴らしていたのです。

え?何を語ってる?そんな事僕にもわかりません!気がついたらこういう展開だったんです。


しかし、女が港なら男は船、愛しいひとも、ふっと姿を消したのです。

お店にくるお客さんから風の噂をちらほら聞きます。京都で見たよ、よく似た人が神戸にいたよ、って。そんな噂を聞いた日には、いてもたってもいられません。

彼女は噂を追いかけて、各地を転々と流れていくんです。


だけど会えない。

諦めにも似たため息と共に、もとのハマの酒場に舞い戻るのです。

まだ続くかって?大丈夫です。もうすぐ終わります。
え?ハマってなんだ?ハマといえば横浜でしょうっ!そのくらい自分で考えて下さい。


もしも、もしもそのひとが、ハマの酒場に戻った時に私を見つけてくれるよう、昔の源氏名で敢えてお店に立ち続けるのです。


それでは小林旭さん、「昔の名前で出ています」です、存分にどうぞっ!

昔の名前で出ています

昔の名前で出ています

  • 小林旭
  • 歌謡曲
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

だから今は何て名前なんだっ!


さ、いかがでしたか。小林旭は御堪能頂けましたでしょうか。

というわけで僕の方は、いつまでも昔の名前でやってる場合じゃありません。ブログもリニューアルした事だし、名前もレッツリニューアル!
今日からはパーっと景気良くニイタカヤマとしてみます。ヨロシク!





あ、YouTube貼る時はワイズ100%にしてハイトの部分削除したらスマホでもジャストサイズに貼れます。
今日の記事で唯一のお役立ち情報でした。