走り出したら止まらないぜ

ただの日記です、ベイベー

うみやみつきかげ

今週のお題「2018上半期」

ニイタカヤマ克之です。

陸上部に双子の後輩がいたんです。
え?陸上部の話は初めて聞いた?あ、ただの設定です。真に受けてはいけません。
で、僕はこの双子の一人ルカと付き合うことになったんです。

女子部員だけで行ったハイキングの時古墳で雨宿り、双子の二人以外全滅。生き残った双子でしたが恐ろしいウイルスに感染していたんです!


なんの話だ?あ、いつもの事です。そのうちわかります。

で、壁をみょーんと突き抜けたり、空に浮かんだり、怖いです。トラウマになります。
僕をめぐる双子のルカとルミは能力を駆使して争うのです。男冥利です。モテモテです。しかしルミはそれはもう荒れ狂うのです。人、殺しまくりです。やばいです。マジヤバ。
そこに現れる外人。こいつの処方箋を巡ってまた闘いです。終わりそうな話がまたややこしくなります。何だかんだ色々あって夜の海です!

そこはルカとルミが感染したあの海なのです!
あ、ラストシーンです。
もろネタバレです。

なんのネタバレだっ!


もちろん「海の闇、月の影」の、ですっ!
篠原千絵ですっ!

っていうか、ここからはボケてる余裕はありません。余す事なくお伝えする義務感に訳もなく燃えております。
きっと殆んどの人は何がなんだかわかっていないでしょうが、適当について来てください!


さ、この夜は満月。二人の能力は最大になります。しかし、また、皆既月食の日でもあったのです!

ふっと宙に浮くルミ。ルカも追います。
空中で交差する二人。ルミの指がルカの肩を貫きます。

ルミの方が強い!

双子故その能力に差など無いはず、しかし明らかにルミが強いのです。
それもそのはず、ルミはなんとジーン(外人です)の血液でドーピングしていたのです。

その時、月の食が始まります。
二人のパワーは衰えていきます。
浮かんでいられなくなり波打ちぎわでの闘いです。落ちていくパワー、ルカは相討ちを狙います。ふたたび交差するふたり。

しかしパワーの衰えはドーピングしていた分ルミの方がはやかったのです。無傷で済んだルカとは対照的にルミはルカの攻撃を防ぎきれず致命傷を負います。そして息絶え絶えとなりながら双子のルカの腕に抱かれるのです。

ルミはルカに幕を下ろしてくれと言います。そして、ルカと双子で楽しかったと、ここで言うんです!
取り巻く警官から銃を奪い、瀕死のルミを優しく強く抱き抱えるルカ。立場が逆なら私も望んだであろう事。
涙ながらにそう言って、
そう言ってルミは引き金を引いたのでした…




あ、えーと、
これが僕の「2018上半期」の思い出です…



無理やりすぎるだろっ!


あーはいはい、
じゃ、またー

名作です。