走り出したら止まらないぜ

ただの日記です、ベイベー

食物連鎖

ニイタカヤマですよ。
仕事場のバイトとの高校生の男の子と話していたら、彼の家はゴキブリがよく出るんだそうです。そこでゴキブリの天敵はクモなんだよと教えてやるといたく感心していました。

でもあんな小さいクモが黒いでかいゴキブリを本当に捕まえるのかと聞いて来たのですが、そこまで詳しい事は知りません。

少し面倒になってきて、
何匹かで共同で捕まえるんじゃないの
と言うと、
原始人がマンモス捕まえるみたいなもんですね
と嬉々としています、
そうそう原始人はクモがゴキブリを捕まえるのを見てマンモスの捕まえ方を思いついたのだ
などと行き当たりばったりな嘘をつくと
あーニュートン的な?
とどこまでも食いついてくるのです。
ニュートンも、クモ見たんだよ
って言ったら
クモすげー
と感心していました。


さて実際はゴキブリを捕まえるクモというのは大き目のやつなのではないか、とも思ったんですが基本虫は全般苦手なので怖くてググれません。
しかし大き目のやつだとして、ゴキブリ退治のために家に放し飼いなどできません。

なぜなら今度はクモだらけになってしまうからです。もし放し飼いするのなら今度はそのクモを狩る何かが必要です。

じゃ何だと考えて、ああヤモリあたりが可愛いと思いつきはしましたが、どの道食物連鎖を完成させなければ家の中はゴキブリとクモとヤモリで溢れかえってしまいます。


ゴキブリ退治ごときで家の中にプチ食物連鎖を構築するのかと、根本的な疑問もありますが、せっかくここまで考えたのでじゃヤモリを食べる生き物とは何だと思いを巡らせて見たのです。

必然的にだんだんサイズが大きくなっていきますが、思いついたのはフクロウです。
しかしサイズが大きいだけにフクロウを飼うとすると、フクロウがふぁっさぁーと飛んで両足でガッとヤモリを抑えくちばしで引きちぎりながら食べる、という事が目の前で繰り広げられるのです。

グロいです。

そしてこの時点で家はゴキブリとクモとヤモリとフクロウで溢れかえっています。どうすればいいのでしょう。
とにかくフクロウをなんとかしましょう。フクロウは猛禽です。しかしこの猛禽のフクロウを駆逐できるヤツがいました。カラスです!しかも群れ!そしてそのカラスの天敵はオオタカです!



そんないっぱい家に入るかっ!
ムツゴロウ動物王国か、という話です。


あ、でも大丈夫、ここまで出てきた生物全ての共通の天敵がいます。

人間です。


ま、何にしても他力本願はいけませんね。ゴキブリは自分で退治しよー、という事です。
意味深っぽいですが、深い意味はありません(笑)



それでは皆さん
さよーならー