走り出したら止まらないぜ

ただの日記です、ベイベー

抱きしめてトゥナイト

ナイスなニイタカヤマです。

さ、田原俊彦です。
ハニーとカラオケに行ったのです。
散々歌って、歌う歌も無くなってきたので、田原俊彦の抱きしめてトゥナイトを歌いました。
映像は本人のダンスでした。
痺れました。
もはや歌どころではありません。
っていうか、トシちゃんの通りに歌ったら採点で痛い目を見ました。酷い話です。


さて、マイケルジャクソン亡き後、世界のダンスシーンを背負うのは田原俊彦の抱きしめてトゥナイト以外にありえない、と結構本気で思っていました。
田原俊彦ではありません、田原俊彦の抱きしめてトゥナイトです。

この楽曲は素晴らしいです。
あんなに下手でなにが正解かわからなかった田原俊彦の歌が、この抱きしめてトゥナイトでは撹乱されながらも正解がわかるレベルに達しています。カラオケの採点では痛い目をみましたが。


そしてそのダンスです。
今時はやりのピクピクするやつではなく、なめらかで、艶めかしくもありなおかつキレッキレという、ざっと世界を見渡しても今後トシちゃんの抱きしめてトゥナイトを超えるダンスが出てくるとは到底思えません。
ダンスは素晴らしいですが歌は下手です。しかし、ダンスのせいで歌も乱れているのだなと思い込めばなんとかなるレベルです。

歌はけっして上手くはありません。
しかし、デビューの頃のトシちゃんを考えると夢のようです。デビューからの数曲はモノマネすら難しいほどのクオリティです。コロッケが何故モノマネの帝王なのか。野口五郎や岩崎宏美のマネが素晴らしいからではありません、この田原俊彦をマネできた、というこの一点に尽きるのではないでしょうか。

甘く見てるといけませんので言っておきます。同じく下手くその代名詞のユーミンでもレコードは普通です。しかし、我らがトシちゃんはレコードですら凄いんです!
そんなトシちゃんが1980年のデビューから8年目にしてやっと解析不要の歌唱力を手にしたのです…


あ、このように順風満帆かと思われたトシちゃんでしたが、1994年のビッグ発言でハメられ表舞台からは消えていってしまったのです…
だけどもやはり彼の抱きしめてトゥナイトは素晴らしいと、僕は勝手に思い続けているのです。YouTubeにいくつか動画が上がっています見たことがない人には是非一度見てみて頂きたいです。


あ、そういえばカラオケで僕は92点をマークしました!曲は津軽海峡冬景色です。という事で最後に石川さゆりの津軽海峡冬景色の動画をどうぞっ!



こんだけトシちゃん語って石川さゆりかいっ!

トシちゃん、応援してます。

ホントかっ!
本当ですっ!





で、動画は無いんだ…