走り出したら止まらないぜ

ただの日記です、ベイベー

天気予報は大切

大した影響などないでしょうが、アイコンを変えました。マルにNです。ニイタカヤマだけに。
さて、一昨日は雨でしたね。珍しく僕がクルマを洗ったんです。僕のせいかもしれません(笑)。はい、ニイタカヤマです。


ところで最近の天気予報って中々アバウトになっているような気がしませんか?
ニュース番組の中の予報士の人がやっているのはまだしも、番組と番組の隙間にやっているあれ。
「この地方は晴れる所が多いでしょう」
とか
「殆どの地域で雨でしょう」
って、ざっくりすぎませんか?
しかも、結構な確率で
「晴れ時々曇り、所により雨となるでしょう」
……



これではなんでも当たりです。
さて、新聞ですら天気図が載らないものが多くなりました。わかりやすいかどうかで言えば今の方がいいんでしょうが天気図と概況から天気を読むという楽しみはなくなりました。

え?そんなやつは殆どいない?
むむ、そうですか。しかし、天気図にこそロマンが秘められているのです。海賊が海図を頼りに宝物を探すが如く、天気図を頼りに天気を読み解く。天気図には男のロマンがあるのです。
男の人生とは果たしてなんなのでしょう?
それは、天気図なのです。
男とは明日の天気という宝物を探しだすものなのです。
海賊なのです。
海賊王にオレはなるっ!
………


ま、じゃ、なれば、という事ですが。

天気と言えば大切です。日々の生活にももちろん大きく影響します。
しかし、さらには軍事的な意味合い、すなわち国防面から見ても天気というのは非常に重要なのです。連合軍がノルマンディーに上陸するため天気の分析をしまくりました。そんな大きな作戦のみならず、どんな些細な作戦にも天気というものは必須なのであります!
そんな有事に備える意味も込めて、政府は天気予報の精度こそを日々上げ続けていかねばならないのではないでしょうか!


うっかりアバウトな天気予報を信じ洗濯物を干してしまった奥様達を泣かせてしまっていいのですか?
はたまた楽しみにしていた坊やの遠足、天気予報外してる場合ですか、あなたっ!
何にも考えずに能天気に洗車して次の日に雨に降られてるそこのあなたもっ!


つまり、何を言わんとしているのかというと、何故洗車した次の日に雨が降るんだという事を声を大にして申し上げたい訳です。
………





現場からは以上です。